【世界情勢】自治州の帰属をめぐって交戦【ナゴルノ・カラバフ紛争】

ニュース

【世界情勢】自治州の帰属をめぐって交戦【ナゴルノ・カラバフ紛争】
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

【ナゴルノ・カラバフ紛争】

旧ソ連の一講成国だったアゼルバイジャン共和国の
ナゴルノ・カラバフ自治州に住むアルメニア人は、
1988年2月、州の帰属をアゼルバイジャンから
隣国のアルメニアに変更するように要求しました。
一方のアゼルバイジャンはこれを拒否し、
衝突をくりかえしたのがナゴルノ・カラバフ紛争です。

1994年5月にロシアなどの仲介で停戦に合意、
ナゴルノ・カラバフ自治州は事実上アルメニアに占領されました。
この紛争では犠牲者約2万人、約100万人が難民になったといわれています。

全欧安保協力機構(OSCE)によるミンスク和平会議が和平の推進に当たっています。
しかし、強硬派による「ナゴルノ・カラバフ共和国」では
独立強硬派のグカシャン氏が1997年秋、
大統領に就任するなどまだまだ不安定な状態が続いています。

8割がアルメニアへの帰属を要求【紛争原因】

アゼルバイジャンの主要な民族はアゼルバイジャン人ですが、
ナゴルノ・カラバフ自治州(人口約16万人)に住む
住人の約8割はアルメニア人。

このアルメニア人たちは1988年、ナゴルノ・カラバフ自治州の帰属を、
アゼルバイジャンから隣国アルメニアに変更するように運動をしました。
これに反発したアゼルバイジャン人がアルメニア人を虐殺したことから
対立は一気に激化しました。

1989年1月、当時ソ連最高会議はナゴルノ・カラバフ自治州を
最高会議後区別委員会の管理下に置きましたが、
9月にはアルメニア系住民は同州を「独立した連邦州」にすることを宣言。
自治州からほかの共和国に準じた格上げを要求しました。
11月、ソ連最高会議が1月の決定を撤回し、
自治州をアゼルバイジャン共和国の管理下に戻す決議を採択したために、
アルメニア側の反発は更に高まりました。
1991年11月には、アゼルバイジャン共和国最高会議は
ナゴルノ・カラバフ自治州の廃止を決定、
アルメニア人の民族自治権を奪い、自治州を共和国の直轄統治下に置く強硬手段に出ました。

これに対し、アルメニア側は住民投票を実施、
1992年1月、「ナゴルノ・カラバフ共和国」としての独立を宣言。
同年からはアルメニアが自治州に軍事介入して
拠点を次々と制圧していきました。

旧ソ連時代の民族背策のほころび【対立の背景】

アゼルバイジャン共和国のナゴルノ・カラバフ自治州における紛争も、
ロシアが帝政時代及び旧ソ連社会主義時代、
長期にわたり中央主権下の下、民族問題を表面的に抑えてつけてきた
民族政策のほころびが露呈したものです。

ナゴルノ・カラバフ紛争の場合、
アゼルバイジャン人などイスラム教徒のトルコ系民族と、
キリスト教(アルメニア正教)のアルメニア人という宗教的要素が、
情勢をさらに複雑化させていきました。

両者を調停しようとうという動きは、
独立国家共同体(CIS)やイラン、トルコなど周辺の国々にもありました。
1992年5月8日、イランのラフサンジャニ大統領の仲介で停戦合意しましたが、
翌9月にはアルメニア部隊がアゼルバイジャン側拠点を攻撃し、
合意は破られました。

1994年に入ると、アゼルバイジャン側も攻勢に転じ、
拠点を次々に奪回していきましたが、
同5月ロシアなどの仲介により停戦に合意しました。

ナゴルノ・カラバフ自治州の帰属問題について、
平和解決を図る事で、アリエフ・アゼルバイジャン大統領と
コチャリン・アルメニア大統領が合意、共同声明を発表したのは
停戦合意から4年後の1998年4月28のことです。

アルメニアが事実上、自治州占領で不安定な状態【展望】

アゼルバイジャンはカスピ海油田で注目を集める国。
その権益をめぐっては、カスピ海周辺国ばかりではなく、
ロシアや欧州など国際社会も注目しています。
このような事情もあり、全欧安保協力機構(OSCE)は
ナゴルノ・カラバフ紛争解決のため「共和国」を「自治共和国」にし、
アゼルバイジャンに戻す方向で調停をはかっています。

1998年4月にアルメニア共和国大統領にコチャリャン大統領が就任。
コチャリャン氏は国籍はアゼルバイジャン人で、
ナゴルノ・カラバフ共和国樹立後の1994年12月に同共和国の
初代大統領に選ばれた人物です。

1997年3月、コチャリャン氏は本国アルメニアの首相に選ばれたこともありました。

このような人物がアルメニア本国の大統領に就任したことについて、
アゼルバイジャン側は強く非難しました。

コチャリャン大統領は、ナゴルノ・カラバフ問題の平和解決を表明していますが、
自治州は現在、アルメニア側が事実上占領する形をとっているだけに、
アゼルバイジャン側の鬱積した不満が噴き出す可能性もあります。



もはや常識!みんな始めてるバレない副業!
稼げるブログ♪
いますぐ登録!ランニングコスト0円↓↓↓

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!