一民族一国家を望むアブハジア【グルジア アブハジア紛争】

ニュース

一民族一国家を望むアブハジア【グルジア アブハジア紛争】
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

【グルジア アブハジア紛争】

グルジア西部のアブハジア自治共和国では、
アブハジア紛争の和平協定が結ばれた以降も、
グルジア国連監視団員や独立国家共同体(CIS)平和維持軍といった
停戦監視活動を行う組織の人員に対する射殺事件や
武装グループによるテロ事件など、
戦闘が断続的に繰り返されています。

紛争は、イスラム教徒であるアブハジア人が
分離独立を求めて、1992年7月23日に独立宣言を行ったのがきっかけ。
1994年春にはグルジアとアブハジア自治共和国の両代表団によって
即時停戦を実施するとともに、アブハジアに独自の憲法や議会など
一定の自治を認める声明に調印しました。
しかし、その間には1万人を超す犠牲者を出しました。

アブハジア独立宣言に対しグルジア軍侵攻

アブハジア自治共和国が独立宣言をした翌年の8月、
「自治共和国は自国の領土」と主張するグルジア軍がアブハジアに侵攻します。
戦闘が激化する中、両者はロシアの仲介により何度か停戦しましたが、
それは守られることは無く協定は破られ続けました。

1992年10月、グルジアのシェワルナゼ国家評議会議長は、
「紛争はロシア軍や反動勢力がグルジア転覆を狙ったもの」
とロシア批判を始めました。
一方、アブハジアに軍を駐留させているロシアのエリツィン大統領が
「ロシアにつながる鉄道を守るため、軍は撤退させない」
と語ったことから、
グルジアはロシアとの交渉を打ち切ります。
1993年4月、グルジア軍がアブハジア自治共和国内の
ロシアの研究所を攻撃したため、
ロシア軍がアブハジア自治共和国首都スフミ郊外にあるグルジア軍基地を空爆し、
状況はさらに悪化していきます。

同じ年の7月、グルジアとアブハジア自治共和国、
ロシアの3者は紛争の終結を目指す停戦協定に調印しました。
しかし、アブハジア側部隊が9月、グルジア軍への攻撃を再開すると、
住民の9割がグルジア人というアブハジア自治共和国の首都スフミを同部隊が占領。
グルジア軍はアブハジア内の拠点を放棄することに至ります。
12月、国連の仲介により暫定停戦に合意し、
1994年4月、グルジアとアブハジア自治共和国の代表団は
モスクワで会談し、即時停戦の実施や国連に平和維持軍の派遣を求める事、
自治共和国に一定の自治を認めることなどを合意しました。

ロシアと共存を望むアブハジア

東方正教の流れをくむグルジア正教を信仰するグルジア人と、
イスラム教徒のアブハジア人の対立は、
カフカスがオスマン・トルコ帝国からロシア帝国に併合されていく
19世紀から続きます。

その対立を決定的にしたのは、
「ソ連崩壊」へ至る過程で各民族が主張した
「一民族一国家」という要求。
イスラム教徒のアブハジア人は、隣接するチェチェン、
イングーシ共和国などロシア北カフカスのイスラム系共和国との繋がりが深く、
北カフカス地域がグルジアのアブハジアへの武力行使に抗議し、
義勇軍を派遣したことも紛争を複雑にしていきました。
さらに、グルジア国内の経済状況の悪化が、
グルジアのソ連からの独立を求める動きに輪を掛けました。
グルジアは1991年4月に独立を宣言し、
民族はのガムサフルディア大統領の下、
旧ソ連加盟国との関係を断つような政策を進めました。

グルジアは柑橘類やお茶などの農業が中心で、
工業生産力が大きい共和国ではありません。
しかし、グルジアの商人は農産物を自由に取引をし、
闇市場を操り、地下経済で潤ったといわれています。
旧ソ連の経済の行き詰まりで、商才に長けたグルジア人は
「連邦の束縛からの脱却」という思いを強くしました。
グルジア領内のアブハジア自治共和国で火が付いた
「アブハジア人」対「グルジア人」の民族対立は、
ロシアの支配に抵抗する「グルジア人」対「ロシア人」となったのです。

和平交渉を進めるも戦闘発生

1994年4月、
グルジアとアブハジア自治共和国は紛争解決に関する声明に調印。
その中にはアブハジアに独自の憲法や議会といった一定の自治を認める条項が含まれていました。

これに従い、アブハジア側は同年11月に新憲法を採択、
アブハジア最高会議の議長だったアルジンバ氏が大統領に就任しました。

アブハジアの政治的地位にめぐり、
国連の仲介で交渉がもたれ、
1995年2月には、
双方が1つの国家をつくる努力をし、協議する、
ということで合意が成立。
また1997年8月、アルジンバ大統領がグルジアの首都トビリシを訪問、
シュワルナゼ・グルジア大統領と紛争解決にむけ会議をしました。
その後、両者は国連の仲介で連合国家案などを基礎に
和平交渉を進めてきましたが、
1998年ごろから再び戦闘が発生、紛争再発を懸念する声も高まっています。


アブハジア・スフミのマーケット

美女大国ジョージアで美女探し

未承認国家アブハジア共和国にある洞窟を走る地下鉄



もはや常識!みんな始めてるバレない副業!
稼げるブログ♪
いますぐ登録!ランニングコスト0円↓↓↓

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう